KURAWANKA Produced by AGARI

HOME / ITEMS / ITEM CATEGORY / ステーショナリー文房具 / 【5大人気ボールペン×marumanニーモシネノート 書き比べ】 文房具連載vol.2

【5大人気ボールペン×marumanニーモシネノート 書き比べ】 文房具連載vol.2


文房具好きによる文房具好きのための文房具ブログ 第2弾


こんにちは、お待たせしました。

文房具連載第2弾です!!

今回は自分でも試していてとってもわくわくした企画なので、

皆さんもわくわくしてくれると思うのですが、、!!!

【 maruman ニーモシネノート × 5大人気ボールペン 書き比べ 】

ばばん!!!

みんな大好き

Myemosyne ニーモシネ ~書くこと、考えることが仕事を創造的にする。~ / maruman マルマン


bungu_2_01.jpg

書くこと、考えることが仕事を創造的にしちゃう、黒光りする、魅力的なやつなんです!!!!

ですが、

このノートだけでは書くことすらできませんよね?

相方であるペンがあってはじめて書くことができますよね。

今回は、そんなみんな大好きMyemosyne ニーモシネと最高のペンの組み合わせを見つけちゃいます!!

その前にMyemosyne ニーモシネ の素晴らしさについてお伝えしておきましょう。

bungu_2_02.jpg

なんと言っても、

『 書き心地のなめらかさ 』

そうなんです。ニーモシネの良さはなんと言っても紙の質。

ルーズリーフの書き心地も私史上ナンバー1なmaruman マルマンですが、

そのmarumanが提供するノートですから、最高なのには間違いありません!

--------- ぬるっとした、すべすべ。

あまり適した言葉は見つかりませんが、とにかく一度触る価値あります!

黒光りするニーモシネのデザインも納得の1品。

そんな最高のノートには最高の相方 『 ペン 』 を見つけてあげましょう。

今回この企画に参加してくれる皆さんはこちら!

IMG_1406.jpg

どどん!

ENTRY NO.1

JETSTREAM ジェットストリーム / uni 三菱鉛筆 0.5

ENTRY NO.2

SURARI スラリ / ZEBRA ゼブラ 0.5

ENTRY NO.3

VICUNA ヴィクーニャ / Pentel ぺんてる 0.5

ENTRY NO.4

FRIXION フリクション / PILOT パイロット 0.5

ENTRY NO.5

SARASA dry  サラサドライ / ZEBRA ゼブラ 0.5

まずは

JETSTREAM ジェットストリーム / uni 三菱鉛筆 0.5


bungu2_jetstream.jpg

bungu2_jetstream2.jpg

少し書き出しがすれてしまいましたが、あまり頻発はしません。

JETSTREAM ジェットストリーム 最大のポイントはなんと言ってもその書き心地。

水性のようなゲルインキのようなすべる様な書き心地は一度書いたらやみつきになる人も多いはず。

三菱鉛筆のサイトでも下記の様に説明されています。

"クセになる、なめらかな書き味"

①低い筆圧抵抗で、なめらかに書ける

②くっきりと濃い描線

③優れた速乾性

④新機構でインクの直流&逆流を防止

なんて風に説明されていますが、私の言葉と感覚でおすすめポイントとおすすめしないポイントをお届け!

JETSTREAM ジェットストリーム こんな人におすすめ!!

①ボールペンは真黒の濃い色がでてほしい!!

②油性ボールペンのかすれが気になる。。

③筆圧が強いけどさらさら書きたい!

④書いたあとに擦れるとインクがにじむのが許せない、、。

⑤インクのダマになるのもいやだ!!

私の印象ですが、JETSTREAM ジェットストリームダマにならないです。

そして乾くのがとても早くて、なのに色はしっかり真黒なんです。

よく油性ボールペンって乾くと紫っぽくなるじゃないですか。それ、私も嫌いです。

そしてこれは感覚ですが、従来のボールペンよりもさらさら書けるからなのか細く感じます。

JETSTREAM ジェットストリーム ちょこっとデメリット

①さらさら書けるのはインクがよくでているとも言え、インクの減りが早いです

②ガリガリ文字書きたい人には、すべすべすぎて書きにくいかもです。思ったよりさらさら書けるんです。

SURARI スラリ / ZEBRA ゼブラ 0.5


bungu2_surari.jpg

bungu2_surari2.jpg

こちら、SURARI スラリ は有名ですが、このメタルボディのフォルムはご存じでしょうか。

このフォルムにしてなんと、300円というお買い得!!!

SURARI スラリ 大きなポイントはなんといっても、"エマルジョンインク"

このエマルジョンインクはZEBRAが独自に開発した油性×水性顔料インク。

JETSTREAM ジェットストリームより、しっかり書けますがなめらかさも共存。

このメタルボディの重さもあり、重心がとれ書きやすく、独特の書き心地もハマります。

SURARI スラリ こんな人におすすめ!!

①ホテルや受付、旅行代理店などお客様にボールペンを貸す人は少し良いものを持つべき。

 メタルボディで高級感もあり、胸ポケットにもさせますが、なんと300円のコスパ!!!

JETSTREAM ジェットストリームより少ししっかりした書き心地。

SURARI スラリ ちょっとデメリット!!

①インクダマになりやすく、ペン先のインク漏れもたまにあります。

VICUNA ヴィクーニャ / Pentel ぺんてる 0.5


bungu2_vicuna.jpg

bungu2_vicuna2.jpg

VICUNA ヴィクーニャ の特徴は、テカリのないインク。

JETSTREAM ジェットストリーム、SURARI スラリ共に少してかっとしますが、

こちらは少しマットな感じです。

一番の推しポイントはやはり、一度書くとやめられない、と謳われるほどの

独特な書き心地。確かに他のボールペン達とは大きく違います。

また、さらさらとした書きやすすぎるペンやインクが苦手な方にもおすすめ。

デメリットとしては、取り扱い店がそこまで多くないかな??といった印象なのです。

このフォルムは高級感のある少しだけ高いボディですが、

プラスチックの安いものももちろんあります!ですが、どこでも見かける、、

といった印象ではないです><

FRIXION BALL フリクションボール パイロット/PILOT 0.5


IMG_1435.jpg

IMG_1438.jpg

皆さんご存じの、いやはやもう説明はいらない程の有名ペン。

消せるペンといえば、いや、もはや日常使いのペンの定番、フリクションの登場です。

書き心地としては、フリクションのボールが結構大き目なので、沈み込む感じはありますね。

また、消せるインクだけあって、インクがしみこむわけではないので、独特の書き心地になります。

フリクションのデメリットといえば、、

①摩擦熱で消えるだけあって高温には耐えられない。パソコンの熱なんかにも注意です。

 大事なメモや契約書、郵便の住所などは極力避けた方がよいでしょう。

②誰でも消せるので、消されては困るものには絶対使ってはいけません

 履歴書なんかにももちろんNGですよ~!

③インクの減りが早い

 やはりするするインクが出るタイプのペンは減りが早いですね。

 常に1本は替え芯を持っていたほうが良いです。

ではではみんな感じているメリット

①なんといっても、、、消せる

 この一言につきますね。昔から消せるタイプのペンはありましたが、この消え方は本当に奇跡です。

②上から蛍光ペンでにじまない。

 これも私的かなり推しポイントですね。油性ボールペンでも水性はもちろんですが、

 上から蛍光ペンでなぞるとにじむとき、ありますよね。蛍光ペンも汚くなるし、、、

 フリクションなら大丈夫ですよー!!

さあ、ラスト

SARASA dry サラサドライ 


IMG_1426.jpg

IMG_1428.jpg

こんにちは!SARASA dry (サラサドライ)です!

皆様まだみなれない、サラサドライです!!

こちら、みなさん愛用中のSARASAシリーズから新しく出ている、

乾燥が早くなったSARASAなんです!速乾タイプの水性ペン!!!

こちら、基本的にはSARASAなんですけど、大きなポイントはですね、、、

左利きでもにじまない

ここなんですね~。左利きで、悩まれている方いませんか??

書いてもすぐに手が被るので文字がにじんじゃう。。

そんな方にこの速乾性水性ボールペン、是非おためしあれ!

いかがでしたか??

ボールペンはボールペンでも奥深~~~いものなんです。

みなさま是非参考にしてくださいね!


2018年版KURWANKAオススメ5選
>>名入れイベントご案内<<