KURAWANKA Produced by AGARI

HOME / ITEMS / RECOMMEND / 【くらわんか酒】枚方の地酒を味わってみませんか?

【くらわんか酒】枚方の地酒を味わってみませんか?

こんにちは、枚方雑貨屋KURAWANKA(クラワンカ)さか子です!

皆さんは、ここ枚方市でお酒が
造られていることをご存知ですか?

それがこちら
【くらわんか酒】です

20180704_kurawankasake_1.jpg

くらわんか酒 720ml
1,200円(税別)

江戸時代、三十石船で愛飲された
「くらわんか酒」が蘇る

かつてのくらわんか酒に想いを馳せて
酒米は枚方農家自慢のヒノヒカリを持ち寄り醸造。
火入れを行わず生酒であり、味は大阪らしく
甘酸味い中にも、米の旨味が感じられる仕上がりに
なっています。


江戸時代、淀川のくらわんか舟で
振舞われていた【くらわんか酒】

「酒くらわんか、餅くらわんか」

くらわんか = 食べないかい、飲まないかい
と、船の旅客に向けて、売られていたそうです。

枚方育ちのさか子ですが
そういえば小学校の社会の授業で
そんなことを習ったなぁ、なんて
懐かしい気持ちになります。

20180704_kurawankasake_6.jpg

枚方育ちの方なら
きっと教科書で見たことあるコレ!

手前の小舟がくらわんか舟です。


そんな歴史ある【くらわんか酒】ですが
お味の程はいかがなんでしょうか?

枚方雑貨屋KURAWANKA(クラワンカ)
グルメ担当のちびてんに味の感想を聞いてみました!

「甘口で飲みやすい口当たり、日本酒初心者でも気軽に飲める!」

20180704_kurawankasake_2.jpg

なるほど、興味深い!
火入れをしていない生酒というのも
地酒ならではの味わいなんですね。


【くらわんか酒】はパッケージにも
こだわり有りです。

20180704_kurawankasake_4.jpg

淀川の水辺に生息する【ヨシ】という植物を利用した
ヨシ紙を使用。

うっすら光にかざすと桜模様が浮かび上がります。
真ん中の一本線は、淀川に浮かぶ舟を
イメージしているそうです。


20180704_kurawankasake_5.jpg

枚方雑貨屋KURAWANKA(クラワンカ)では
こんなオシャレな酒器もご用意しています。

よーく冷えた日本酒をくいっと一杯。
【くらわんか酒】は要冷蔵となっているため
お求めの際はスタッフにお声がけ下さいませ♪

20180704_kurawankasake_3.jpg

くらわんか酒 720ml
1,200円(税別)
※在庫が残り僅かとなっております
 お求めの際はお早めにどうぞ!


枚方雑貨屋KURAWANKA(クラワンカ)は
京阪枚方市駅より徒歩1分
ビオルネ3階にございます。

皆さまのご来店を
スタッフ一同、心よりお待ちしております!