お知らせ

スタッフブログ

  • スタッフブログ

JUNE 6月お洗濯カレンダー「梅雨の部屋干し」

THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)と一緒に季節ごとのお洗濯のポイントを紹介する「お洗濯カレンダーMONTHLY FABRIC CARE」

ランドレスブランドロゴと洗濯物

6月のテーマは「梅雨の部屋干し」です。

水無月(みなづき)6月
実りの雨、雨夜の月星など雨に纏わる素敵な言葉もある水の月。
梅の雨と書く梅雨(つゆ)は梅が実る時期に生ずる雨期だから梅雨だそうです。
梅雨が明けるころには梅の実を使った美味しい料理も楽しみですね。

ブルーの紫陽花

そして、梅雨といえば、一年の中で最もお洗濯に困る時期ですよね。
カラッと乾きにくいジメジメ湿気と室内干し、生乾きのイヤな臭い。

洗濯する→干す→イヤな臭い発生→洗濯物を取り込む→洗い直しのため即洗濯機に投入。
この瞬間、何をしているんだろう。とドッと疲れることありませんか?

空模様と天気予報とをにらめっこしながら「今日は外に干す!」と決め込んだ日に限って予定外の突然の雨。出先の場合とてもショック。
また洗濯と格闘することが決定したこの瞬間、悲しくすらなっちゃいますよね。

そんな梅雨時のお洗濯の困りごとをスッキリ解消する、ぜひ取り入れてほしいアイテムと洗濯方法のポイントをご紹介します!

部屋干しの重要なポイントは洗濯の基本にあり

突然の雨などの空模様や帰宅時間を気にすることなく洗濯物を干せる部屋干しはメリットがたくさん。
梅雨時は部屋干しに頼りたい毎日だけど、どうしても臭いが気になってしまいますよね。

臭いの発生を抑えて、毎日のお洗濯を気持ちよく回していきましょう。

部屋干しの際の重要なポイントはやっぱり「衣類に汚れを残さない」ことです。

落とせなかった汚れが残っていると衣類に細菌が繁殖してイヤな臭いの原因となってしまいます。

洗濯後は香りもよく、気になる汚れは落ちていたのに、どうして?となる場合、実は目に見えない汚れが残っていることが多いです。

また着用後の汗や皮脂などで湿った衣類を数日間、ランドリーバスケットなどに置いたままにしていると洗濯前からすでに衣類に細菌・雑菌が繁殖している状態となっていて、なかなか厄介。

通常の洗濯洗剤だけの洗濯方法では落としきれていないことが多いのです。

汚れや状態に応じて適切な洗濯方法と適切な洗剤を使って、衣類をスッキリきれいに洗い上げましょう。

いつもの洗剤プラス酸素系漂白剤を使って汚れと菌をリセット

衣類に染み込んだ汚れと菌は普通の洗剤だけでは落としきれません。

いつもの洗剤に酸素系漂白剤をプラスすることで、汚れと菌を繊維の根元から取り除くことができます。

そこでオススメなのが、ランドレスのオールパーパスブリーチ

オールパーパスブリーチは1本でお洗濯からハウスキーピングまでオールマイティーに使えるとても優秀な酸素系漂白剤です。

いつもの洗剤にプラスして洗濯機にそのまま投入!
(ボトル裏面記載の使用量をご参考ください)
汚れや菌、黄ばみまでもスッキリきれいに落としてくれます。

しつこい汚れや洗濯前から何やらの臭いがすでに発生している厄介そうなものには、適量のオールパーパスブリーチでつけ置き洗いを。

お湯を注ぐとより効果的です。
つけ置き後はいつも通りに洗濯機で洗うだけ。

洗面シンクでつけ置き洗いするイメージ

このひと手間で大量の洗濯やり直しから解放されるので、この手間は惜しまず掛けたいところですね。

香りもツンとこない天然アロマ仕上げ。
ランドレスで一番人気の classic(クラシック)の香り。
クラシックは「究極のお洗濯の香り」として開発され清楚で凛とした香りが絶大なる人気を得ているランドレスを象徴する香りです。

洗濯後はすぐ干す、通気性も大事

スッキリ洗い上げた後はすぐ干しましょう。

湿ったままの状態が長いことは洗濯物にとって好ましくありません。

干す時は、通気性よく、重なる部分を最小限にして干してくださいね。

バスタオルやズボンは竿に掛けずピンチハンガーで。
Tシャツやブラウスなどは、薄いハンガーではなく厚みのあるハンガーで干すことで通気性を確保できます。

薄いハンガーで等間隔をキープするのは、洗濯物同士がくっつくことは避けれますが、ハンガーに干しているひとつの衣類の前身頃と後身頃がペタンとくっついていませんか?

厚みのあるハンガーを使って衣類ひとつひとつの通気性をよくする方が、早く乾き生乾きもシワも防げます。

部屋干しのジーンズ
  • 洗剤だけでなはく酸素系漂白剤をプラス
  • 洗濯後はすぐ干す
  • ハンガーは厚めの物を使って通気性を確保

梅雨の部屋干しはいつものお洗濯にアイテムをひとつプラスするだけ

今回のテーマは「梅雨の部屋干し」でした。

プラスアイテムはオールパーパスブリーチだけ。
チェンジアイテムは薄いハンガーから厚みのあるハンガーにするだけ。

すぐできるちょっとした工夫で、この時期ならではの毎日のお洗濯の悩みが少しでもスッキリ解消されれば嬉しいです。

次回のお洗濯カレンダーMONTHLY FABRIC CAREJuly7月 は太陽が眩しい季節「真夏の衣類のお洗濯について」です!

最近チェックした商品