ドーナッツやフレンチトースト、グラタンまで!BRUNOのホットプレートを使ったおすすめレシピ特集

ドーナッツやフレンチトースト、グラタンまで!BRUNOのホットプレートを使ったおすすめレシピ特集

この記事では、どこでも手に入る材料で簡単に作れる、BRUNOのホットプレートを使ったレシピをご紹介しています。

チョコ&ホワイトチョコブラウニー(20201206更新)
フライパンなしで作る蒸し牡蠣(20210125更新)
ずっと熱々!BRUNOまるごとグラタン(20210208更新)NEW!

BRUNOを料理で使うメリット

BRUNOのホットプレートはオシャレでかわいいデザインなので、面倒に感じる料理も楽しくできます!
また食卓でも邪魔にならないコンパクトサイズでありながら、前菜からデザートまで、これ1台でどんなメニューでも作れてしまう汎用性の高さがポイント。最大250℃、美味しく仕上げる本格機能が備わっています。

簡単!おすすめ調理レシピ

ずっと熱々!BRUNOまるごとグラタン【難易度★★★/調理時間30分】

〜材料(ずっと熱々!BRUNOまるごとグラタン)〜

≪BRUNOまるごとグラタン≫

・ホワイトソースフレーク          80g
・牛乳                   480cc
・North Farm Stock 北海道のパスタ ペンネ   100g
・鶏もも肉                 100g(1/2枚分ぐらい)
・ブロッコリー               8個(カットしたもの)
・玉ねぎ                  1/2個分
・じゃがいも                1個
・人参                   1/2本分
・しめじ                  1/2パック分
・バター(無塩、有塩どちらでも可)     20g
・北海道小林牧場物語手づくりゴーダチーズ  
(市販のミックスチーズでも可)       適量
・乾燥パセリ                適量

▷ワンポイントアドバイス

・ペンネたっぷりのグラタンが好きな方は、野菜を全体的に少なめにしてペンネの量を増やしてください。(そのままペンネの量を増やすとプレートから溢れます)
・ホワイトソースフレークに入れる牛乳は冷たいもの、もしくは常温のものを使用してください。熱い牛乳を入れるとダマになってしまい、滑らかなホワイトソースになりません。
・ブロッコリーは冷凍のものでも構いません。冷凍ブロッコリーの場合は凍ったままペンネの後に入れるのがオススメ。
・ペンネは大きさにより量感が多い少ないがあると思います。100gは目安ですので、あとはお好みで調整を。
入れすぎると、ホワイトソースを入れた時に溢れるので気を付けてください。
・グラタンを焼くときは、レバーをHIにして焼いた方が早くできます。(大体10分ぐらいでできます)
ただし、焦げる可能性があるため5分おきに底の方からしっかりと混ぜてください。
・蒸し焼きにするため底は焦げ目がつきますが、表面はチーズが溶けるだけで色はつきません。美味しそうな焦げ目をつけたいときは表面をバーナーで焼いてみてください。(あまり端の方まで焼くと、BRUNOの縁が溶けるので注意!)

▷おすすめトッピング・アレンジ

・野菜は彩りがよければ、今回使用した野菜以外でもOK。
ただ、注意点として、水分を多く含む野菜(トマト、なすなど)はホワイトソースが薄まってしまうのでオススメしません。
・ほうれん草を使う場合も下茹でした後にしっかりと水分を取ってから使用するようにしてください。
・今回は鶏肉ですが、サーモンや海老などの魚介類でも美味しいですよ!

〜作り方〜

1.ブロッコリーを一口サイズにカットします。

※根本で1つずつ切り離すイメージです。

2.芯の部分は表面のデコボコ部分をカットして一口大に切り分けます。

※ブロッコリーの芯はシャキシャキの食感でとても美味しいです。

3.お湯を沸かして、塩を小さじ1入れます。

4.芯の部分を先に入れます。

5.2分程茹でた後に残りの部分を全部入れます。

6.再沸騰してきたらザルでお湯を切ります。

7.流水で流して粗熱を取ります。

8.粗熱が取れたらザルにあげてそのまま水をよく切ります。

※冷凍ブロッコリーを使用した場合、ここまでの工程分、時短になります。

9.「North Farm Stock 北海道のパスタ ペンネ」を使用します。

10.沸騰したお湯(塩入り)にペンネを入れてボイルします。ボイル時間は表示時間を2分短くした時間です。

※このペンネは茹で時間12分表示だったので10分ボイルしました。

11.ザルでお湯を切り、そのままボウルに入れておか上げにします。

12.鶏もも肉は一口大にカットし、塩、胡椒で下味をつけます。

13.しめじは石づきをカットしてほぐします。玉ねぎ、じゃがいも、人参は一口大にカットしてから電子レンジで600W 3分加熱しておきます。

※電子レンジで加熱するときは、ボウルにラップをして加熱してください。

14.ホワイトソースフレークをボウルに入れ、混ぜながら牛乳を少しずつ入れていきます。

15.BRUNOを予熱しておきます。

16.予熱が終わったらバターをプレート全体に塗ります。

17.鶏もも肉、しめじ、玉ねぎ、じゃがいも、人参を入れて炒めます。

18.ある程度炒まったら茹でておいたペンネとブロッコリーを入れます。

※ペンネをちょっと入れすぎました。

19.作っておいたホワイトソースを流し入れます。

※残り5mmのあたりまで入れます。

20.上から全体にチーズを振りかけます。

※今回はチーズを80g使用しました。

21.蓋をし、レバーをMEDにして15分焼きます。(10分ぐらい経ったところで底の方から軽く混ぜてください)

22.チーズが溶けてホワイトソースがトロトロになっていれば完成。

23.最後に上から彩りで乾燥パセリを振りかけてください。

〜スタッフの感想〜

・今回のレシピでは大阪府枚方市にある食のセレクトショップ「きしな屋」さんで取り扱いをされている、「ホワイトソースフレーク」「North Farm Stock 北海道のパスタ ペンネ」「北海道小林牧場物語手づくりゴーダチーズ」を使用しました。
・「ホワイトソースフレーク」は一から作ると手間のかかるホワイトソースを牛乳でのばすだけで簡単に作れます。味もとても美味しく、時短にもなってとても便利でした。
・「North Farm Stock 北海道のパスタ ペンネ」はもちもちしてとても食感がよく、「北海道小林牧場物語手づくりゴーダチーズ」は程よい塩味とコクをプラスしてくれるのでグラタンにとてもよく合います!
・BRUNOでグラタンを作成した場合、保温にしておけば熱々のまま最後までグラタンを楽しむことができます。
ただ注意点として、ペンネが水分を吸ってしまうのと、保温状態は少しずつ水分蒸発が起こるため、あまり長い時間おいておくのはオススメできません。
・BRUNOがあれば、オーブンやグラタン用の陶器の器がなくても手軽にグラタンを作ることができます。野菜のカットなど下準備さえしてしまえば、あとはテーブル上で仕上げまでできるので、楽しみながら食事を作ることができますね!

超簡単!フライパンなしで作る蒸し牡蠣【難易度★★/調理時間30分】

〜材料(BRUNO平面プレート1枚分)〜

≪超簡単!フライパンなしで作る蒸し牡蠣≫
・牡蠣      5〜6個
・料理酒     30cc

▷ワンポイントアドバイス

・牡蠣は蒸しすぎると身が小さくなってしまうので、蒸しすぎには注意!
・BRUNOで蒸し牡蠣をする場合、牡蠣が大きすぎるとBRUNOの蓋と殻が接触して牡蠣の殻が開きにくくなります。10分過ぎても牡蠣の殻が開かなければ、専用のナイフを使用して殻を開けて下さい。
・牡蠣の殻はとても危険です。洗うときや殻を開けるときなど牡蠣を触るときは必ず軍手をして作業を行なってください。

▷おすすめトッピング・アレンジ

・蒸し牡蠣本来の磯の香りを楽しみたい人はそのまま食べるのが一番。
・カットレモンを添えて、食べる前に絞って食べるのもGOOD!
・王道はポン酢。辛いのが好きな人は七味をプラスしても相性がいいですよ。
・バター醤油も捨てがたいですね!

〜作り方〜

1.たわしを使って殻の表面をよく洗って汚れを落とします。

※殻が鋭いので手を切らないように気をつけて下さい。

2.BRUNOをLOWで予熱しておきます。

3.洗い終わった牡蠣を並べて、その上から料理酒を振りかけ蓋を閉めます。

※蓋が閉まる程度の量で並べて下さい。

4.調節レバーをHIにして10分蒸します。

※牡蠣の殻が開いていなくても大丈夫です。蒸しすぎると身が縮んでしまうので注意!

5.お好みのトッピングで味付けをして、熱いうちに召し上がって下さい。

6.牡蠣を蒸した後はプレートが焦げ付いたりするのですが、BRUNOは水洗いだけで簡単に汚れが落ちます。

〜スタッフの感想〜

・テーブル上で料理ができるので、1回目が蒸し上がった後は、熱々の蒸し牡蠣を堪能しながら次の牡蠣を調理することができます。
・BRUNOはレバーで火加減の調節ができるので、焦がすことなく簡単に美味しい蒸し牡蠣を作れました。
・プレートに牡蠣を入れすぎると蓋が閉まらなくなります。今回、最初に6個並べましたが、蓋が締まらなかったため5個に減らしました。隙間があると蒸気が逃げてしまうので、通常より蒸し上がりまでに時間がかかります。
・BRUNOの平面プレートはフッ素樹脂コートなので焦げつきが全く気になりません。後片付けもとっても楽!

簡単!おすすめスイーツレシピ

チョコ&ホワイトチョコブラウニー【難易度★★★/調理時間60分(焼き時間20分×2回分を含む)】

ブラウニーは簡単に作れますので、クリスマスやバレンタインにもオススメです!

〜材料(BRUNO平面プレート1枚分(20㎝×30㎝))〜

≪チョコブラウニー用≫
・ブラックチョコレート   2枚(100g)
・無塩バター        80g
・卵            2個
・グラニュー糖       60g
・ホットケーキミックス   80g
・ココアパウダー      20g

≪ホワイトチョコブラウニー用≫
・ホワイトチョコレート   3枚(120g)
・無塩バター        80g
・卵            2個
・グラニュー糖       60g
・ホットケーキミックス   80g

≪トッピング≫
・クルミ          適量
・アーモンド        適量
・ピーナッツ        適量
・カシューナッツ      適量
・パンプキンシード     適量
・アーモンドスライス    適量
・冷凍ミックスベリー    適量
・レモン          適量
・ノアール or オレオ     適量
・粉糖           適量

▷ワンポイントアドバイス
・レシピではバターと一緒にチョコレートを溶かしましたが、細かく刻んでいれば溶かさずそのまま混ぜてもOKです。
・生クルミ、アーモンド、パンプキンシードを使う場合はオーブン、もしくはフライパンで前もって加熱処理するのをおすすめします。
・レバーをLOWより高くすると底が焦げる可能性があります。
・焼き始めたら蓋は極力開けないようにして下さい。
・焼き時間は目安です。15分程で一度様子を見て下さい。

▷おすすめトッピング・アレンジ
・今回使用したトッピング以外にも、オレンジスライスやドライフルーツも美味しいです。
・トッピングなしのシンプルなブラウニーも、もちろん美味しいですよ。
・ホワイトチョコブラウニーのレシピに抹茶パウダーを入れると抹茶ブラウニーを楽しめます。

〜作り方〜

1.チョコレートを刻みます。(板チョコ1枚分)

2.バターとチョコレート(1枚分)を湯煎で溶かします。

3.卵を泡立てます。

4.5分程泡立てたらグラニュー糖を2回に分けて入れます。

5.もったりするまでよく泡立てます。

6.BRUNOをLOWで予熱しておきます。

7.ホットケーキミックスとココアパウダーを入れて、切るようにかき混ぜます。

8.溶かしておいたバターとチョコレート、刻んだチョコレートを入れて混ぜます。

9.クッキングシートの上に生地を流し込んで、ゴムベラで表面を平らにします。

10.上からお好みのトッピングをのせていきます。

※今回はトッピングをナッツとクッキーのハーフ&ハーフにしてみました。

トッピング完成!

11.レバーはLOWのままで蓋を閉め、20分間蒸し焼きにします。

※焼いている間に、同じ手順でホワイトチョコブラウニー生地も作成しておきます。

12.爪楊枝を刺して生地がついてこなければ完成です。

13.お皿に移し、先程と同じ手順でホワイトチョコブラウニーの生地を焼きます。
今回のホワイトチョコブラウニーはレモンの皮を細く刻んだもの(レモンピール)とミックスベリーでトッピングしました。

14.30分程冷まして粗熱を取り、好みの大きさにカットします。

※熱い状態でカットするとボロボロになりやすいので注意して下さい。

15.カットしてからチョコペンやチョコソース、粉糖などで仕上げをし、お皿に盛り付けて完成です。

〜スタッフの感想〜

・BRUNOを使うとオーブンのように長い時間の予熱はいりません。
・テーブル上で焼くことが出来るので、ワクワクしながら完成を待つことが出来ます。
・焼いているとき、調理している部屋は美味しそうな香りでいっぱいでした。
・専用のケーキ型がなくても平面プレートを使えばブラウニーを簡単に焼くことが出来ます。
・複数枚続けて焼く際もクッキングシートを敷いて焼くことで、1回1回鉄板を洗わなくても連続で焼くことが出来るので便利です。
・ブラウニーは熱々も美味しいですが、冷ましてからの方が生地が落ち着いて口当たりがよかったです。

フレンチトースト【難易度★★/調理時間30分(食パンを漬け込む時間は除く)】

〜材料(3人分(食パン1斤分))〜

・食パン(3枚切り)    1斤分
・卵           5個
・砂糖          130g
・牛乳          300㏄
・バニラエッセンス    少々(3滴ぐらい) ※お好みで
・サラダ油        大匙1×2回
・無塩バター       10g×2回

≪仕上げ用≫
・生クリーム       適量
・バニラアイスクリーム  適量
・バナナ         適量
・アーモンドスライス   適量
・キャラメルソース    適量
・粉糖          適量

▷ワンポイントアドバイス
・食パンは3枚切りがなければ4枚切りでも構いません。(今回はカットなしの食パンを自分で3枚にカットしました)
・最初の10分でいい焼き色がついていなければレバーをHIにして焼き色をつけてからひっくり返して下さい。(ひっくり返す前にレバーをMEDに戻す)
・無塩バターがなければ加塩バターでも構いません。
・卵をふんだんに使用しているので、とても焦げやすいです。(レバーをMEDにしたときは徐々に加熱されていくので、後半の方で焦がさないようにご注意下さい)
・食パンの種類によっては1~2時間程度でも中心までしっかりと染み込みます。
・長時間漬け込まず、すぐに焼きたい場合は食パンの真ん中に横から切り込みを入れると短時間で中心まで染み込みやすいです。

▷おすすめトッピング・アレンジ
・レシピのトッピング以外にも、はちみつやクルミ、各種フルーツなどいろいろ試してみてベストトッピングを見つけてみて下さい。
・食パンの真ん中に切れ込みを入れてハムやチーズを挟んでから漬け込んで焼くと、塩分と甘味がいいバランスの食事系フレンチトーストになります。

〜作り方〜

1.食パンは耳を全て落として半分にカットしておきます。

2.ボウルに砂糖・牛乳を入れてよく混ぜ合わせます。

3.バニラエッセンスを入れて混ぜます。(無しでも大丈夫です)

4.バットに移し、食パンを上下返しながらしっかりと浸します。

5.6時間以上冷蔵庫で寝かします。(おすすめは一晩(12時間)です)

※一晩漬けたもの。

6.BRUNOをLOWで予熱しておきます。

7.プレートにサラダ油と無塩バターを入れます。

8.無塩バターが溶けたら食パンを並べて焼きます。

9.レバーをMEDにしてから蓋を閉め3分焼きます。

10.蓋を開けて焼き色を確認し、いい焼き色がついていればレバーをLOWに戻して再度蓋をして7分焼きます。(焦がさないように注意!)

11.上下をひっくり返して蓋を閉め、レバーをMEDにしてさらに3分焼きます。

12.最初と同じく焼き色を確認して蓋を閉め、レバーをLOWにしてさらに5分焼きます。

※量が多かったので2回に分けて焼いてます。

13.上下両方にキレイに焼き色がついていればお皿に盛り付けて完成です。

14.お好みで生クリーム、バナナ、バニラアイス、アーモンドスライス、キャラメルソースをトッピングし、最後に上から粉糖をかけてみて下さい。

〜スタッフの感想〜

・表面はカリっとしていて、でも中はふわふわトロトロ!何もつけなくてもそれだけでとても美味しいフレンチトーストでした。
・焼きたてをすぐに食べるのが一番美味しいです。冷めてしまうとトロトロ具合が半減します。
・今回はバナナやキャラメルソースでしたが、お好みでいろいろなトッピングを試してみて、一番美味しい組み合わせを探してみるのも楽しいです。
・熱々のフレンチトーストに生クリームをのせると少しずつ溶けていくのでご注意下さい。
・はじめは何もトッピングせずに、そのままのフレンチトーストを味わうのがオススメです!

こしあんドーナッツ【難易度★/調理時間30~40分】

BRUNOに最初から付いている「たこ焼きプレート」を使って美味しい!簡単スイーツの紹介です。

大人からお子様まで簡単に調理をして頂くことが出来るレシピですので、みなさんで一緒に楽しくクッキングしてみてください♪

〜材料(15個~18個分)〜

・ホットケーキミックス  150g(A)
・卵           1個(A)
・砂糖          30g(A)
・牛乳          60ml(A)
・バター         30g
・はちみつ        20g
・こしあん        120~150g
・粉糖 or グラニュー糖    少々(仕上げ用)

▷ワンポイントアドバイス
・生地は思っている以上に膨らみますので、流し込むときはちょっと少ないかな〜というぐらいの量で大丈夫です。
・こしあんを入れるときは押し込みすぎると下の生地が薄くなり、回転させたときにあんが出てしまうので注意して下さい。
・BRUNOの予熱は5分程でOK。プレートの上に手をかざしてみて温かくなっていれば問題ありません。
・ひっくり返すときはプレートに傷が入ってしまわないように竹串や割り箸の使用をおすすめします。

▷おすすめトッピング・アレンジ
・最後に粉糖やグラニュー糖を表面にまぶすとほんのり甘くなって美味しいです。そのままでも十分美味しいので、甘いのが苦手な方はそのままお召し上がりください。
・ホットケーキミックスにココアパウダーや抹茶を混ぜて、いろいろな味のドーナッツを作ってみるのも楽しいと思います!ぜひ試してみてくださいね。

〜作り方〜

1.バターを常温に戻しておきます。

2.こしあんを15等分にして、ひとつずつ手のひらで丸めていきます。(ひとつの重さが8g)
(焼いたときにドーナッツの数が多く出来た場合はこしあんを追加して下さい)

3.(A)をボールに入れて泡立て器で混ぜます。

ダマがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせます。

4.常温に戻して柔らかくなったバターとはちみつを入れ、さらに混ぜます。(バターが固い場合は電子レンジで少しだけ柔らかくして下さい)

5.BRUNOを「LOW」で予熱しておきます。

6.プレートにサラダ油を引きます。

7.スプーンを使って生地を流し込んでいきます。(型に対して6割ぐらいが目安)

(↑写真は少し多くなっています!型の6割ぐらいでOK)

8.流し込んだ生地の半分にこしあんを入れていきます。(あまり押し込まず、上に軽く乗せる感じで)

(少し流し込む量が多かったのではみ出てしまいました…^^;)

9.BRUNOの「LOW」から「MED」に温度調節レバーを動かしてさらに焼いていきます。

10.生地の表面に気泡が出てきだしたら、こしあんの入っていない方を蓋のようにしてもうひとつの生地の上に重ねていきます。

11.90度回転させて重ねた繋ぎ目を焼いていきます。

12.一周して繋ぎ目を焼き上げたらお皿に移します。

13.粉糖 or グラニュー糖を全体にかけて完成です!

〜スタッフの感想〜

お祭りの出店で売ってる「ベビーカステラ」にこしあんが入っているという感じで、とても美味しく出来ました!一口サイズなので大人からお子様まで美味しく召し上がっていただけます。
中に入れるものを変えたり、ココアなどのパウダーを混ぜて味を変えたり、いろいろなバリエーションも出来ますのでチャレンジしてみるくださいね!

ミニアメリカンドッグ【難易度★/調理時間30~40分】

こちらもBRUNOの「たこ焼きプレート」を使って美味しい!メニューです。
パーティメニューの一品で並んでいたら喜ばれること間違いなし!
最後はケチャップで可愛くデコレーションしてみて下さい♪

〜材料(14個~15個分)〜

・ホットケーキミックス  150g(A)
・卵           1個(A)
・牛乳          100㏄(A)
・ウィンナー       5~6本
・ケチャップ       適量
・サラダ油        適量
・爪楊枝         適量

▷ワンポイントアドバイス
・生地は思っている以上に膨らみますので、流し込むときはちょっと少ないかなぐらいで大丈夫です。
・BRUNOの予熱は5分程でOK。プレートの上に手をかざしてみて温かくなっていれば問題ありません。
・ひっくり返すときはプレートに傷が入ってしまわないように竹串、割り箸の使用をおすすめします。
・上から垂らサラダ油は表面に少しかかるぐらいの量で大丈夫です。

▷おすすめトッピング・アレンジ
・ウィンナーの代わりに、チーズ、ベーコン、ブロッコリー、かぼちゃ、バナナなどを入れて、何が出るか食べてからのお楽しみ♪というのも楽しいです。(ブロッコリー、かぼちゃは前もって過熱調理したものを使用して下さい)
・竹串に2つ、3つ刺してお団子のようにしてもカワイイですよ。

〜作り方〜

1.ウィンナーを1㎝幅ぐらいにカットしておきます。

2.(A)をボールに入れて泡立て器で混ぜます。

3.ダマがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせます。

4.BRUNOをLOWで予熱しておきます。

5.サラダ油を引いてソーセージを焼きます。

6.焼けたソーセージを取り出します。

7.スプーンを使って生地を流し込んでいきます。(型に対して6割ぐらいが目安)

8.流し込んだ生地の半分にソーセージを入れていきます。(あまり押し込まず、上に軽く乗せる感じで)

9.BRUNOの温度を「LOW」から「MED」に温度調節レバーを動かしてさらに焼いていきます。

10.生地の表面に気泡が出てきだしたら、ソーセージの入っていない方を蓋のようにしてもうひとつの生地の上に重ねていきます。

11.90度回転させて重ねた繋ぎ目を焼いていきます。

12.サラダ油を上から少し垂らして揚げ焼きのように焼いていきます。

13.一周して焼き上がったものから爪楊枝を刺してお皿に移します。

14.ケチャップで可愛くデコレーション出来たら完成です!

〜スタッフの感想〜

一般的なアメリカンドックよりもサイズはミニサイズですが、味はしっかりアメリカンドッグでした!
見た目もカワイイし、バリエーションも出来ますのでおうちパーティーメニューにもピッタリだと思います。
ケチャップはかけすぎると垂れるので、上からかけるのもよいですが、別皿に入れてつけて食べるのも食べやすくておすすめです。

今後も不定期でいろいろなメニューをご紹介していきますのでお楽しみに!

オススメのBRUNO

コンパクトで実用性抜群な「BRUNO/ブルーノ コンパクトホットプレート」

最近チェックした商品